夫の浮気相手は出会い系アプリで知り合った4人だった事例

妻/ 20代 / 尾道市在住 / 主婦 / 子ども2人

夫 / 20代 / 会社員

依頼内容

夫とは高校時代から付き合っていて、頼りがいがあって生涯信頼できると思って結婚しました。

子ども二人に恵まれて、何不自由ない幸せな生活を送っていましたが、最近様子がおかしいのです。

今まで泊まりの仕事はなかったのに、急に泊まりの仕事が増えて、仕事の帰りも遅くなり…。

ある日、夫が入浴中にラインの着信音が鳴ったので
スマホを覗くと「来週楽しみにしてる♡」というメッセージ。

浮気しているに違いないと確信して、その場では冷静になって浮気調査を依頼することにしました。

調査内容

1日目(調査時間:12時間)

夫の仕事が終わる時間から尾行調査をすると、会社近くのカフェに入り、女性と話した後にそのままホテルへ。

2時間経過すると、二人はホテルから別々に出てきて夫は自宅へ帰宅しました。

2日目(調査時間:7時間)

この日も夫の仕事が終わる頃から行動を尾行すると、今度はまっすぐラブホテルへ向かいました。

一人でラブホテルに入り、数時間後、女性と一緒にホテルから出てきましたが、その女性は前回とは違う女性でした。

3日目(調査時間:4時間)

奥様から夜に「夫が今から出かける準備をしている」と聞きつけて、調査員は自宅から調査を開始。

夫が車に乗り込んで向かった先は、コンビニの駐車場でした。

すると、また別の女性が現れて、夫の車によそよそしい感じで乗り込んだのです。

浮気調査中に4人の女性と関係があることが分かり、ラブホテルに出入りする証拠も確保しました。

調査結果

浮気調査によって、夫は4人の女性と性的関係があると分かり、 調査員は妻にその状況を伝えました。 奥様はまだ小さいお子様の将来を考えて、 離婚はせずに夫婦関係を修復することを 決断されました。 ただし、弁護士にも依頼してそれぞれの 浮気相手から慰謝料を請求することに。 二人の女性からは承諾を得ることができ、 現在は一人と交渉を進めています。

依頼者様からのコメント

子供の将来を考え、離婚を回避し、夫婦関係を修復したいと考えていましたし、 浮気相手へ、慰謝料を請求する事ができ、よかったと思っています。 ありがとうございました。

中央興信所から

小さいお子様がいらっしゃると、お子様の将来を考え、離婚を回避されたいと考えられるのはよくわかります。 今回のように離婚せずに、浮気相手へ慰謝料を請求することができ、依頼者様に良い結果となりました。