一度も面識がない娘の結婚相手がウソのオンパレードだったの事例

両親/ 60代 / 広島県在住 / 娘一人

娘の結婚相手 / 30代 / サラリーマン

依頼内容

広島県内で事務職をしている一人娘は男性付き合いが少なく、結婚に憧れながらも39歳を迎えました。

そんな娘はつい最近、友人からの紹介で素敵な男性と知り合い、プロポーズを承諾したそうです。

ご両親は幸せそうな娘の顔を見てホッとしていますが、なかなか合わせてくれないのが悩みです。

娘からはエリートサラリーマンで年収1,000万円と聞いていますが、本当か分からないため、探偵に結婚調査を依頼されました。

調査内容

娘から聞いた結婚相手の情報によれば、外資系の製薬企業に勤める37歳で気さくで真面目な性格、年収も安定していると聞いています。

1日目(調査時間:12時間)

調査員が結婚調査を始めると、その男性は国内製造メーカーに勤める工場スタッフだと分かりました。

気さくで明るい性格は職場でも同じイメージでしたが、高給エリートサラリーマンはなかったのです。

また、よく海外出張でアジア諸国を飛び回っているという情報も真っ赤な嘘でした。

休みの日を調査したところ、昼間はパチンコをして過ごし、夜には街へ出てファッションヘルス、ソープランドへ繰り出していることが発覚。

2日目(調査時間:7時間)

娘さんとの結婚の話は具体的に進んでいましたが、
ご両親への挨拶もなく、誠意も感じられません。

調査結果はエリートサラリーマンではないことギャンブルや風俗にハマる一面があったことを報告。

ご両親は唖然としていましたが、娘さんは運命の人の本音が分かり、相当なショックだったそうです。

しかし、冷静に考えて結婚する前に相手の性格が分かり、早めに結婚解消を決断されました。

調査結果

ご両親は娘さんは男性との付き合いに慣れていないから被害を受けやすいと心配されていました。 そこで、まずは結婚をあまり焦らずに自然な出会いがあるように気持ちを切り替えることにしました。 最近、娘さんが明るさを取り戻して、結婚に対して前向きになって良かったとおっしゃっていました。

依頼者様からのコメント

大事な一人娘の結婚相手がとんでもない人という事が分かりショックをうけました。 結婚する前に、こちらで調査をお願いしてよかったと心底思いました。

中央興信所から

離婚する夫婦は多いものの、やはり失敗はしたくないものです。 結婚する前には調査を依頼する事をおすすめいたします。