元彼がストーカーになって怖い!警察より探偵社が早く解決した成功事例

女性/ 20代 / 広島市在住 / 会社員

元彼/ 20代 / 自営業

依頼内容

付き合って5年になる彼氏がいましたが、会う度にスマホの中身をチェックされ、束縛が激しくて悩んでいました。

あまりの束縛に疲れてしまい、女性は別れを決意して別れ話を切り出したのです。

男性が豹変したのはその日からです。「お前は俺のものなのに何言ってんだ?」と怒り出しました。

話し合いもできずに一方的にキレられて、その日から嫌がらせのメールや電話が止まらず…。

女性は警察にも相談しましたが、事件性はないと判断されて対応してもらえずに悩んでいました。

探偵社に元カレのストーカーをなんとかして欲しいと依頼されました。

調査内容

女性は元彼が仕事をしている以外の時間に相当なしつこいメールや電話にうんざりされていました。

郵便受けに恨みの言葉や復縁を迫る手紙を入れたり
会社の近くで待ち伏せされることもあり、身の危険も感じていたのです。

1日目(調査時間:12時間)

調査員がストーカー対策と調査を始めたところ、典型的なストーカータイプだと判明しました。

独占欲が強く、女性は自分の所有物、男が偉くて女は従えといった性格です。

2日連続で被害者女性のマンションへ行きインターフォンを鳴らしたり、防犯カメラにもしっかり残っていました。

比較的早く犯人の特定に成功し、撮影することができました。

2日目(調査時間:7時間)

ストーカーはエスカレートすると相手に身体的な被害を与えたり、危害を及ぼすケースがあります。

調査員は依頼主に調査報告書を警察署へ持っていき
本人に行動を注意するように促せることに成功。

本人を反省させて自宅に近づかない間に女性は引越しをして、住所と電話番号を変え、転職をして、街から姿を消しました。

調査結果

男性は物理的に女性に近づく事ができなくなり、女性は安心して新生活を迎えることになりました。 探偵社の調査員がこれまでのストーカーを調べたところ、男性優位の思考の人間に多いことが分かっています。 普段から男が偉い、女性は男のモノだといった態度を取る男性は、ストーカー気質があるので要注意です。

依頼者様からのコメント

思い切って調査をを願いして、本当によかったと思います。 スピード解決していただき、安心して新生活を迎えることができました。 ありがとうございました。

中央興信所から

ストーカー行為は、日常生活を送る上で非常に不安な事と思います。 ご相談いただき、安心、安全な生活を取り戻されて、よかったと思います。