放浪癖がある旦那が5日間帰ってこない!まさかの場所で発見した事例

妻20代、夫の両親50代/ 広島市在住

夫 / 20代 / 自動車整備士

依頼内容

広島県内の自動車整備士として働いている25歳の夫は放浪癖があり、自宅に帰らないことも多かったようです。

しかし、今回は妻がどれだけLINEメッセージを送っても返信がなく、心配をして妻と夫の両親が探偵に家出調査を依頼されました。

夫は仕事のストレスやちょっと嫌なことがあると、何も家族に告げずに家を開ける癖があるようです。

しかし、今回はLINEメッセージの返信もなく、仕事も無断欠勤しているので心配されている様子でした。

調査員は家出したときの状況を妻と両親に聞き込み、自宅の夫の部屋を調べました。

すると、家出をするときに持ち出すいつものボストンバッグで出かけていることが分かりました。

財布やスマホ、手帳などもバッグから持ち出しており自ら命を落とす可能性は低いとみました。

調査内容

1日目(調査時間:12時間)

 自宅の周辺にあるコンビニやショッピングモール、ホテル、公園、漫画喫茶を調べることに。

ある漫画喫茶の駐輪場に夫のパープル色の自転車を発見しました。

 

夫は漫画喫茶に寝泊まりしているとみて、店内に入ると登録した名前を確認できました。

 

依頼主に伝えると、車ですぐに駆けつけて店内に入って「無事で良かった」と声をかけることに。

 

本人は驚いていましたが、気まずそうな顔をして反省した様子も見せました。

調査結果

実はいつも放浪する行き先は、漫画喫茶が多かったことも発覚しました。 放浪する癖のある夫は「たまには一人になりたい」と強く思うことがあるようです。 そう思うのは仕方ないにしても無言で家出をするのはやめるように妻と両親は説得したよです。 今回の家出調査は本人が自宅の半径5キロ圏内ということもあり、早期発見に繋がりました。

依頼者様からのコメント

とにかく無事に発見する事ができて安心しました。 調査員の方、相談員の方には心より感謝しています。

中央興信所から

距離が離れた漫画喫茶に長引いて滞在した場合は調査が難航する可能性があります。 放浪癖がある成人の家族が失踪した場合は、警察は動いてもらえないケースが多いです。 探偵はいち早く動くことができるため、早期発見に繋がる可能性があります。 手遅れになる前に、家族が家出をして帰って来なかった場合は地元の探偵社へ早めに相談しましょう。