コロナ禍で遠距離恋愛の婚約者と会えない…結婚調査で分かった急に冷たくなった理由

広島県在住・30代女性・事務職

奈良県在住・30代男性・営業職

依頼内容

付き合って3年になる婚約者がいますが、仕事の関係でお互い遠距離です。コロナが始まってから、3ヶ月に1回くらいしか会えなくなり、ビデオ通話でも彼が冷たくなってしまい心配です。

何か隠し事があるようにも見えるし、会いに行けないのでもどかしいです。そこで、思い切って結婚調査を依頼することにしました。

調査内容

コロナ禍で遠距離の婚約者との関係が冷え始めてしまった…とのご相談でした。新しく好きな女性でもできたのか、嫌な予感がする…とお悩みのご様子でした。

調査員は対象者の素行を調べて、結婚に踏み切っても問題ないかどうか、早急に調査を開始します。

調査結果

調査をしたところ、婚約者は出会い系アプリで知り合った30代の女性とデートをしており、その姿を撮影することに成功しました。驚くことに、対象者は複数人の女性と関係があることも発覚しました。 一人目は、自家用車で女性と駅近くの駐車場で待ち合わせをし、居酒屋で食事を済ませた後に、ラブホテルに1泊しました。さらに、翌週は女子大生風の女性とカフェで親しげに話していました。 婚約者とは思えない奔放ぶりと、コロナ禍にも関わらず、行動に制限なく遊んでいる事実が分かり、しっかりと報告書にまとめて、ご依頼者様に確認していただきました。

依頼者様からのコメント

浮気している可能性は十分に覚悟していましたが、まさか複数人の女性とデートして遊んでいるとは驚きと同時にショックで言葉が出ません。 こんな浮気男と結婚したら、幸せにはなれませんので、結婚は取りやめにします。そもそも、はじめから私と結婚するつもりがなく、言いように遊ばれていたのかも…。 結果はショックでしたが、結婚調査をして本当に良かったです。ありがとうございます。

中央興信所から

今回のように、結婚調査では、信頼している婚約者の本当の顔が暴かれるケースがあります。何か気がかりなことがありましたら、20年の実績と経験豊富な中央興信所にご相談ください。