元夫から養育費の支払いが止まってしまい、コロナ禍で音信不通に!元夫の素行調査を依頼します。

女性(41歳)

会社員の元夫(49歳)

依頼内容

3歳の娘を持つ主婦です。元夫は浮気をして帰ってこなくなり、離婚に至りました。示談で養育費は月7万円と約束しましたが、支払いが滞ることも多く、まとめて払うからと説明されました。

実際にまとめて払ってくれることもあったので、細かい要求はしないでいました。しかし、コロナになって失業したから、仕事が見つかるまで養育費は支払えないと一方的に言われました。

私は子供がまだ小さいうちは働くことができないので、養育費が完全に止まってしまうと困ります。そして、元夫は電話とLINEを無視するようになりました。

そこで、探偵の調査員に元夫は本当に無職になったのか、日頃の様子を調べていただきたいと思って依頼しました。

調査内容

対象者の自宅から仕事をしているか確認するために尾行をして、働いていれば勤務先を確認します。本当に養育費が支払えないほど生活が圧迫しているのかも調査します。

調査結果

対象者はご依頼者様が提供して頂いた1DKのマンションに一人住まいです。引越をしたかご心配されていましたが、ずっと同じマンションに住んでいます。 会社は以前勤めていた食品メーカーを退職して、今は中小企業の中古車販売店に努めていました。車通勤で自宅から2駅離れた場所にあります。 そこの営業部として上司と部下に囲まれながら、中古車を販売していました。年収は480万円です。単身住まいで派手な趣味もなく、生活苦は感じられませんでした。 仕事が終わると直帰して、会社の飲み会は参加するタイプで人付き合いは良いそうです。休日もたまにパチンコをするくらいで、お付き合いている女性はいないと分かりました。 現実的に元夫は仕事をしていますし、給与も平均的で苦しい生活はしていません。養育費は支払えないのではなく、支払いたくない可能性が高いです。

依頼者様からのコメント

今回はコロナ禍の中、調査をしていただいてありがとうございます。元夫は無職になって生活できない程苦しいと言っていましたが、やはり嘘だったのですね。 年収480万円ならば前の会社よりも良くなっているのに、よく平気で嘘をつけますね。腹ただしいです。養育費を払いたくないという態度も許せませんが、電話やLINEを無視するのもひどいです。 でも、素行調査していただいて、元夫の居場所や勤務先が分かって、生活の状況も掴めたのでホッとしました。本当にありがとうございました。

中央興信所から

元パートナーから養育費が止まって音信不通になってしまったというご相談が意外と多いです。まだお子様が小さい場合は養育費を頼りにしているケースも多く、不安は大きいです。 最近はコロナ禍もあって、コロナを言い訳にして逃げるケースも増えていますので、何かお困りごとがございましたら、電話の無料相談をぜひご利用ください。