無愛想な娘の婚約者は本当に娘を愛しているのか?結婚調査をお願いしました。

母親(54歳)

娘の婚約者(29歳)

依頼内容

広島市内で一人暮らしをしている娘は結婚する感じはなかったのですが、実家に1日だけ帰ってきた時に「結婚したい人がいる」と話してくれました。

娘は見た目が地味ですので、結婚できないかもという不安があり、結婚話が出た時は本当に嬉しかったです。

その2ヶ月後、「彼からプロポーズされたので、実家に挨拶に来る」と娘から言われ、ご馳走を用意して楽しみにしていました。

当日、男性の車で来たのですが、挨拶する前に駐車場がない!とキレだし、不機嫌な顔をしていたので、家の前に停めて頂ければ大丈夫ですからと説明しました。

男性は家の中でも終始無愛想で無口でした。緊張して無口なのではなく、めんどくさいから早く帰りたいと言った雰囲気でした。

私が一日かけて作った手料理も一口食べて終わり、2時間滞在して二人は帰っていきました。後で娘に「彼は大丈夫?」と聞いたら「何が?」と分かってくれませんでした。

結局、娘の婚約者からは名前と住んでいる場所しか話してもらえませんでした。そこで、探偵の調査員に娘の結婚相手として問題ないか、調べていただきたいと思います。

調査内容

ご依頼者であるお母様は「英会話教室で知り合ったという娘の婚約者はとにかく無愛想で、娘を愛している感じがしなかった」と言われています。

対象者はどんな仕事をしていて、近所や会社での評判はどうか、家族関係や交友関係、そして女性関係まで、細かく結婚調査をしていきます。

調査結果

調査員が対象者を張り込みと尾行をしている時に本当にこの男性は婚約しているのかと不思議でした。なぜなら、男性は複数の女性を車に乗せて、飲みに行ったり泊まったりしていたのです。 平日はごく普通の会社員といった感じでスーツを着て、ビルの中にある中小企業の広告代理店に勤務していました。コロナでも週4日は会社に出勤し、会社でも真面目なイメージのようです。 対象者の年収は550万円、ギャンブルや浪費癖も見られませんでした。しかし、土日には人が変わったように、頻繁に複数の女性達とデートをしていることが発覚。 女性は会社の人ではなく、昔の友人または出会い系サイトやアプリで知り合った人だと推測されます。 女性を駅まで迎えに行き、近くの駐車場まで一緒に歩き、女性を車に乗せて、焼肉店に入りました。二人はビールを飲んだので、男性は明らかに飲酒運転です。 焼肉店を出て女性を車に乗せると、自宅マンションに帰り、女性と一緒に一夜を過ごしていました。同じパターンで他の女性と遊んでいるのを確認し、しっかり証拠に残しました。

依頼者様からのコメント

素晴らしい調査報告書を作って頂き感謝しています。ありがとうございます。無愛想で第一印象が最悪でしたから、その程度の男だと納得できました。 夫もコレはまずいと言っており、婚約を破棄させるつもりです。娘はまだ何も知らないので、どう伝えようか悩みますが、本当のことを知ってもらい、諦めてもらうことにします。

中央興信所から

今回は婚約者が頻繁に他の女性達とデートをしていると分かり残念でした。独身ならまだしも、婚約者でありながら、信じられない行為です。 娘さんが本当の幸せを掴めるように願っています。