急に金遣いが荒くなった夫が怪しい!無言を貫く夫の素行調査して判明した真実

専業主婦(34歳)

会社員(38歳)

依頼内容

広島県内で精密機器の製造メーカーに勤める夫。休日は部屋でゲームやネットをして過ごすインドア派でした。しかし、コロナ禍になって急に外出が多くなり、口数が減り始めたのです。

タンスに忍ばせてある銀行のキャッシュカードを持ち出して、外出するたびに近所のコンビニで3万円くらいお金を引き出している事実が分かりました。

毎月12万円くらいお金を引き出していますが、誰とどこに出かけているかわかりません。夫は「会社の人と仕事の話し合い」とだけ言って、無言になりました。

まだ子供が小さく、金銭的な余裕がないので、早めに解決するために探偵社へ夫の素行調査を依頼しました。

調査内容

ご主人様は休日の土日に昼頃から外出して、頻繁にお金をATMから引き出すというパターンを繰り返されているようです。まずは尾行・張り込みでご主人様の素行を調査します。曜日と行動パターンが決まっているので、調査もスムーズになると見込んでいます。

調査結果

対象者は自宅で昼食を取った後、デニムとパーカという身軽な服装で自宅近くのコンビニへ入り、いつもと同じくATMでお金を引き出しました。 そのまま駅の方面へ向かい、一人の30代くらいと見られる女性と落ち合い、二人は笑顔で嬉しそうに電車に乗り込みました。行き先は映画館でした。 二人は腕を組んだり、手を繋ぎながら街中を歩き、まるで普通のカップルのデートの様です。映画館から出てくると外は暗くなり、二人は居酒屋で1時間くらい食事をしました。 その後、二人は体を密着させながらラブホテルに入り、3時間程度過ごしました。二人は浮気関係にあるようです。調査の結果、女性は同じ職場の事務員だと判明しました。お互い既婚者です。 対象者は社内不倫をしている相手と会うために、毎週土曜日または日曜日にデート代をATMから引き出し、食事をした後にラブホテルへ行くというパターンを繰り返していました。

依頼者様からのコメント

浮気の可能性があると疑っていましたが、実際に証拠写真を見ると衝撃的でショックでした。子供はまだ3歳と5歳ですが、夫の身勝手さに怒る気力もありません。 離婚するつもりはありませんが、証拠を掴んで頂いたので、コレを見せて自分のやったことを反省してもらいます。相手女性の旦那さんも事実が分かったら相当ショックなはずです。

中央興信所から

対象者の行動パターンが決まっているため、比較的、早期に真実が判明しました。今回のようにパートナーの行動におかしな点がある場合、早めの素行調査で解決することがあります。 広島での素行調査は中央興信所へお気軽にご相談ください。