妻が昔の恋人とカーセックス不倫をしていた調査事例

夫 / 40代 / 三原市在住 /会社員/ 子ども1人

妻/ 30代 / 主婦

依頼内容

依頼者様の奥様は、静かで控えめな性格で依頼者様を支えてくれる良い女性との事でした。

しかし、結婚して子どもが生まれて、子育ても慣れてきた頃に、妙に髪型やメイクが派手になってきたとの事。

以前はスッピンで過ごしていたのに、休みの日にキレイめのワンピースを着て出掛けたり…。

10歳も年下の妻であり、もしかして浮気をしているかもと気になり、浮気調査を考え始めました。

奥様は「ママ友とお茶してくる」と言って家を出ますが、カーナビ履歴を見ると、いつも同じ駐車場にいることが判明。

専業主婦の妻は車で誰かと浮気している可能性が高いと判断し、浮気調査を開始しました。


調査内容

1日目(調査時間:4時間)

奥様は昼間に車でどこかへ出掛けるので、尾行調査をすると、空き地の駐車場へ向かいました。

誰も歩いていない田園風景が広がる駐車場へ到着すると、その場に駐車。

奥様は車から降りると田んぼの沿道へ向かい、駐車している一台のミニバンの助手席に乗り込みました。

1時間ほどすると、奥様は車から出てきて駐車場に停めた自分の車に戻り、そのまま帰宅しました。
 
2日目(調査時間:3時間)

前回の駐車場より調査開始。

駐車場に妻の車を見つましたが、車内には奥様はいないことを確認。

田んぼの沿道へ行き、妻の行き先を捜索すると、前回と同じミニバンを発見。

車内には二人が乗車している人物も明確に分かり、証拠写真の撮影に成功。

3日目(調査時間:3時間)

調査員は自宅から調査開始。

妻はドラッグストアの駐車場の片隅に駐車をすると
いつものミニバンが現れて奥様は助手席へ乗り込む。

ミニバンはいつもと同じ田んぼの沿道へ向かい、駐車し、車内で2人がキスをしてシートを倒した瞬間を撮影。

二人は1時間過ごした後、ドラッグストアの駐車場に戻り、奥様は自分の車に乗り換えて帰宅しました。

調査結果

浮気相手との写真を確認されると依頼者様はかなり落ち込まれて離婚を強く決意されました。

依頼者様からのコメント

妻が、浮気をしている事実を知り、茫然としました。 しかし、浮気相手との写真を見て、離婚を決意しました。 この度は、動かぬ証拠を撮っていただき、有難うございました。

中央興信所から

裏切られた妻を許せず、早く離婚を進めるために早い段階で調査したのが良かった事例です。 ラブホテル以外で不貞の証拠を掴むことは探偵調査員の腕にかかっています。