小学校で「お前のお父さんがコロナになった〜!」とイジメられて落ち込む娘…学校・クラスの素行調査で分かったこと

小学4年生・女子のお母様

学校・クラスでイジメがある事実確認

依頼内容

3ヶ月前に夫が職場または通勤中にコロナ感染して、しばらく自宅で療養することに。お隣の奥さんに夫がコロナ感染したと話したら、近所に噂話が広まりました。

そしてある日、娘が学校から帰宅すると、「お前のお父さんコロナになったんだって?」と言われて、バイキン扱いされたと言うのです。私は驚いて、担任の先生に電話をしましたが、「今は休学中なので、確認は難しい」と言われました。

娘は内気でおとなしい性格です。強気の男子にキツく言われると、泣いてしまったり、落ち込みが激しいので心配です。そこで、いじめ問題を解決するために調査を依頼しました。

調査内容

コロナ禍と緊急事態宣言によって、学校は休学になったり、リモート授業など、環境が大きく変わりました。連絡事項はメールや掲示板を使うケースも多く、ネット上のイジメも増えています。今回は、学校でのいじめの実態を明らかにするために、調査と証拠収集を行います。

調査結果

学校が連絡手段とコミュニケーションに使っているLINEチャットでイジメの実態を発見しました。生徒が使っているLINEと保護者用のLINEが別になっているため、気が付かなかったと思われます。 娘さんが咳をすると、「絶対コロナだな」「近寄るな」といった文言を確認しました。娘さんに対して、イジメを助長させる書き込みをした生徒3人を特定しました。クラスでメッセージを共有するツールのため、娘さんはひどく傷ついたのだと思います。

依頼者様からのコメント

今回はコロナ禍で大変な状況の中、御対応いただきましてありがとうございます。証拠収集の速さに驚きました。イジメの事実を確認できたので、学校とPTAに提出しようと思います。 コロナ禍で親が見えないところでイジメが深刻化しているので、なんとか改善されるようにがんばります。本当に大変助かりました。

中央興信所から

中央興信所では、いじめの事実と内容を証明できる証拠を確保するため、素行調査を行っています。イジメの事実が認められれば、イジメ解決の第一歩になります。 お困りのことがございましたら、ぜひ無料相談をご利用くださいませ。